アンダーカバー

アクセスカウンタ

zoom RSS あの日26話。

<<   作成日時 : 2018/10/18 23:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

『コミックマグナムVol.114』10/12に配信開始しています。
『あの日の先生 26話』掲載されています。

掲載より白飛ばし強めです。
画像
現在もそうですが、来年2〜3月あたりまで不定期連載になります。
つきまして来月号は休載になります。
楽しみにいて頂いてる方には申し訳ありませんがご了承ください。

個人的にこの作品の中でマキさんが1番描いてて楽しいです。
陰部にタトゥーを考えていたんですけどペニパン付けてたりほとんど見える事がないので、
別の場所に考えていましたが作画時間的に無理でした。
デザインも考えてなかったし。
コミックでは入れようと思ってます。

逆に緑川は安定しない。
どう描いたら可愛くなるのか?っていつも試行錯誤して描いてるので毎回微妙に違ってます。
アニメだったら許されません。漫画だと毎回髪型違うとかあったりしますけどね。
これもコミックでは、どれかに統一すると思いますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
感想が遅れて申し訳ありません…で、
ううっ、そう来ましたか…蒼太君と朱希子先生の濡れ場があんまり無かった代わりに緑川ちゃんがその埋め合わせにあんなことに…こちらの予想の斜め上を行く鬼畜展開!やっぱり連載ではエロを入れないと駄目ということですか…個人的には蒼太君が「芸術とマーケット論」をテーマに朱希子先生を虎ノ門の特別講師に招き(勿論サークル活動の一環として)、そこで先生が血の涙を流しながら持論を一席ぶって皆をドン引きさせるというエピソードを読みたいのですがやっぱりこのままあの世で幸せになる運命しか無いのかなあ…能登の海と空がきっと二人の帰還を待っているはずだけど…
昼太郎
2018/11/03 01:51
とにかく蒼太君がウジウジしているせいで第三者に被害が及ぶし敵も無限増殖していく(マキさんは本格的にヤクザがバックに付いているのは確実)しでもう次の展開が読めない…敵が大田黒一人だけだったら凹ませる手段は結構あるのですが事ここに及んでは全てが手遅れになりつつあるような…

あと…地元では二人のことをどう思っているのやら。蒼太君の御両親は一刻も早く帰ってきて欲しい様子ですが朱希子先生のご両親はもう匙を投げちゃったとか?そして大穴としては第一部に登場した母校の美術主任の先生!恐らく進路指導で蒼太君が狂気に満ちた目で「僕は東京の美大に行きます」と言い放った瞬間「山吹め、何かやらかしたな!」と勘付いたと思われるので其処から突破口を開いて欲しいけど…
昼太郎
2018/11/22 09:31
横山先生の作品を以前から愛読させていただきます。先生のストーリー構成、画力には脱帽します。私は以前の母子相姦の作品でファンになりました。先生に是非ともお願いがごさいまして今後、可能でありましたら剃毛、パイパン、などのプレイやシーンを増やしていただければと願います。作品の世界観にそぐわなかったり先生の主義に反することかとは思われますが何卒、お願いいたします。本来、現在連載作品のレビューを書くべき場ではございますが、😏個人的なご要望(願望)をまくしたててしまい申し訳けございません。今後、もし描く余地がありましたら何卒、読み切りお願いいたします。🙏
初投稿です。
2019/01/05 03:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの日26話。 アンダーカバー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる