あの日 11話。

連休有りましたけど、どうお過ごしでしたか?

横山家は局地的パンデミック!みんな風邪をひいてしまい安静にしていました。
今も治ったと思ったらぶり返すのを繰り返してます。

『コミックマグナムvol.90』 10/7配信開始しています。
あの日の先生 11話掲載されています。
画像
特に掲載と画像変更していません。
これはこれで良いと思っているので。只ちょっと顔が中央に寄り過ぎかな…。

中身に関しては、もうパーリーは描きたくない…。


話変わってここ最近色んな物が変調をきたし始めてる。

主にデジタル関係でiPadにマジックマウス、iMacは起動に異常に時間が掛かる時があるし、Macとアシ用Winのモニターは映ったり消えたりを時々繰り返す。

特に酷いのがMac用のサブモニター。
電源入れても通電になってるのに何も映らない。
30分くらい放おっておくと映ったり。その後また気まぐれに消えたり映ったり…。

買い換えればいいのだけど、
調子良い時は問題ないし、モニターは昔に比べて高くなった気がする。
必要なのはサブなので17インチ程が欲しいんだけど、その辺種類も少なく割高感がある。

サブは大きくしても使いづらいし、作業机のスペースを取るだけ。
そう考えていくと27インチで解像度2560x1440スペックのモニター1台にするのが良い。
iMacで作業しやすいのは確証済みだ。

しかし27でこの解像度のモニターが無い。あっても急に高い!

他の変調きたしてる物を考えるとお金はかけられないし『うぅぅ~~~ん』ってなって、
結局今だに買い換えられずにいます。

困らずに買える経済力があれば

あの日 10話。

『コミックマグナムvol.89』 9/2配信開始しています。
あの日の先生 10話掲載されています。

画像相変わらずの遅い告知ですいません。
ダメだな~
原稿制作を始めると仕事以外の事を全て後回しにしてしまって、
〆切終わると今度は仕事に関わることを全てを遠ざけて忘れてしまう。

頭をリセットすると当然再起動に時間がかかるから仕事には良くない。
停止じゃなくスリープくらいにとどめておかないと。

それがスイッチのON・OFFの切り替えが上手いということなんだろう。

自分も身に付けないと。



掲載とは違うバージョンの表紙。

こんなのもいいかな~と悩んでいたんです。
線の滲ませ方が印刷には適さないが作業効率の良い方を選んでいるのでモニターで見る前提ですけどね。

あの日 9話。

『コミックマグナムvol.88』8/5配信開始しています。
あの日の先生 9話掲載されています。

画像この話数作っているときデジタル化の洗礼を受けました。

いや、今までも何度かデジタル化の洗礼は受けてたけど、今回は本気のを。

その洗礼はある1ページだけ『塗りつぶしツールを使うと必ずコミスタがフリーズする』というもの。
何が原因なのか何故かそのページだけそうなる。
あと10時間後には〆切っていう時に!

Macからアシ用のWinに替えても同じ症状がでる。

セルシスのサイトでサポートで解決策はないかと探すと似た症状はあるがどれも解決にいたってない。

ソフトをインストールしなおしてといわれても、MacでもWinでもなるんだからインストールしなおした所で直る気がしない。

これはもうこのページだけフォトショでやろうかと考えたが、コミスタのマジックでグリグリ塗っていく方向でやりました。

アナログだったらやったことがゼロになるとか、こういう意図しない事が突発的に起こるという事はないけど、
だからといって今更アナログには戻れないよなぁと思う。

突発的にパソが壊れるとかじゃないからまだ助かったけど、
デジタルで進める以上、いつかその洗礼を受けるんだろうなと恐怖してる。
地震が来る事分かっていながら東京に住んでるみたいに。

漫画家というよりはアーティストに近い寺田克也さんは雑誌の中で、
「何かあったら不安だから持ってるデジタル機器を全く同じ状態・使用で2台づつ用意してる」
といっていたけど、
(iPad Proを2台並べて漫画の左右と考えて作業したりもしてるそうで、バックアップを用意してiPadProを4台持ってる)
そんな経済的余裕なんてあるわけない。

そう考えていくと一番の対策は、
機器やソフトがいきたり変になっても大丈夫な様に、〆切に余裕を持って作業を進めろということか。

明日発売。

明日発売です。
『あの日の先生』1巻 よろしくお願い致します。

画像

単行本の表紙とは若干色味の違う画像です。

単行本では表紙という事で絵としての良さよりも、キャラが目立つこと等を優先し背景からわざと浮いた感じになっています。

背景描くの約1日かかったと記憶してるけど、ぼかして結局わからないという…

ま、そのつもりで描いてたんでいいんですけどね。

あの日 1巻。

告知です。

あの日の先生』 1巻 7月30日 発売です!

メッセージペーパーも描きました。
画像

もらえる書店さまは、
メロンブックス、K-BOOKS、ゼスト、ラムタラ、オータムリーフ、信長書店、まんが王、DMM(順不同)
様です。

とらのあな様ではイラストカードを描きました。
画像

作品中では明るい時間の海はなかったのでねぇ。
これはPOPになるのかな? もらえるのかな? 自分でもよく分かってません

よろしかったらこの書店さまでの購入をお考えください。

Amazonでもいいですけどね。

初校。

単行本の校正作業も数日前に終わりました。

画像
もう後は本になるだけですねー。

修正期間中は『ニュルブルクリンク24時間』と『ル・マン24時間』があったわけで当然視聴しながら作業でしたが、凄い既視感。

それで思い出したのが『母が白衣~6巻』の単行本作業もこの時期だったなーと。
なんかこの時期に単行本作業してる印象が強い。

あの時はアシさんと一緒に観ながら作業してたなー今は1人だ~、ホント大変だったなあの時は…、戦ったなぁ となんかセンチメンタルになりながら作業してました。

『母が~』からちょうど丸一年ということに正直驚いてます。
もう2~3年前の出来事の様な気分なんですよね。
それぐらい過去のこと。

そのくせもう7月で半年終わった事に驚きを禁じ得ない。
春が訪れ始めた、桜が~なんていってたのが1ヶ月前くらいの気分です。

これが歳をとるということなのか?

老けてなんていられません!漫画家は!特にエロは!

たったこれだけでマイナス○cm!

ウチのベランダで咲いているデルフィニウム。
青い花が好きです。

他にバジル、レモンバーム、パセリが育ってます。
ミント育てられないかなぁ~と考え中。モヒートにしようかなと。

写真は2~3週間前、今は時期終わって枯れてます。
画像
で、キレイな花も見た事でここからはちょっと下の話。
2ヶ月前の話になります。

身内にも指摘されるくらい下っ腹が出てきた。
元々太らない体質でしたが流石に中年、そうもいってられない。

洋酒が飲めるようになって量が増えたのもあるかと思うが、
私は晩酌はしないし、家にもお酒を置かない、原稿が本格的に進行すれば全く飲まない。

原稿が終わった後や余裕がある期間だけ飲むんですが、お店でその場の人と話しながら飲むのが雰囲気を含めて好きで、1回で飲む量が増えてるんですよね…。

忙しさにかまけて全く運動、散歩すらしなくなってたのも原因の1つかと。

それでもギリ標準体重、体脂肪率も標準+なんですが、
下っ腹が出てるのは事実。

そんなわけで少しずつ運動を再開したり食事に気を使ったりして数ヶ月。
体重-2(目標体重まであと-1)体脂肪率16.7% BMI22.3

でも下っ腹は全くかわらず。



そんなおり月一メンテで整体に行きました。

「特に調子の悪い所ありますか?」と聞かれ
「今はいいんですけど数日前まで腰が凄く痛くて…」と腰みてもらったんですが、
「足がここまで動いて特に痛くないということは原因は腰じゃないですね。便秘ですか?」

私は3~4日に一度が当たり前。
当たり前すぎて、それが便秘とは思っていなかった。みんなそんなものでしょ?と思っていた。

それでお腹のマッサージをしてもらったんですが、
これが痛い

昔TVでよくあった心霊手術みたいに手刀を腹にズブズブ入れて腸の裏側を揉むみたいな感覚。
手をそれだけ入れられるんだからそりゃ痛いですよ。

でもこれが凄い!!

家に帰って直ぐに便意が。
そして毎日便意が!

今まで毎日出るなんて事が生まれてこの方なかったので、下痢じゃないのに下痢と錯覚するような感覚になってしまう(笑)

これが本来の腸なのか!と感動。

そしてその日からお腹がぺっこり。
…あの下っ腹はう○ちだったのか……。

下っ腹が気になる人は便秘を治したらいいと思います。
リアルに「マイナス何センチ!」です。